Skip to content

テレクラを利用する時に匿名性は保たれるのか?バレたら困るのだけど…

男性でも女性でもテレクラを利用するのならば、気になるのは自分の身分がバレてしまわないか。ということでしょう。違法行為ではありませんができれば人には知られたくないはずです。

しかし、自分から名前や電話番号を打ち明けない限りは匿名性は保たれているサービスばかりなので、安心して利用できます。

時には偽名を使って円滑に出会いを進めましょう。

自分の下着を指でさする女性

自衛の意識を持つ

そもそもサービスを利用する時にも個人情報を登録するような仕組みにはなっていないので、会社から情報が漏洩するという心配もありません。

これは出会い系サイト等でも同じですね。テレクラというのは直接女の子と会話しているのではなくて、間に機械を挟んでいます。

ですから、自分から個人情報を打ち明けない限りは誰にも知られずに利用できます。ただ、中にはなんとかして大切な情報を聞きだそうとしてくるような女性も存在しているので、注意が必要になります。口車に乗せられて住所や名前を打ち明けてはいけません。

テレクラではお金が掛かってしまって申し訳ないから、直接電話しない?なんて言われてしまったら、思わず勢いで教えてしまいそうですが簡単に信じては泣きを見ることになります。

電話はもういいから直接会わない?と言った方が時間も節約できますし、何よりも相手が悪質な業者だった場合には魔の手から逃れられるはずなので、提案してみてください。

出典■テレクラ https://maxgroup.jp/

個人情報は非常に大事

別に自分の情報なんて大した価値もないだろうし教えてもいいかな。なんて思ってしまうかもしれませんが、現代の日本では携帯の番号やメールアドレスは貴重だと言えるでしょう。

誰かしらの電話番号を買取しているような業者もいるのですし、一度教えてしまったらひっきりなしに迷惑電話が掛かってきてしまって、番号変更をしなければいけなくなります。

それくらいならばまだいいのですが、突然知らない番号から脅迫されてしまって誰にも相談できずにお金を支払ってしまった…。

なんていう事態だってないとは限りません。楽しんで利用するはずだったテレクラが原因で詐欺に引っ掛かってしまった。ということになると後悔するのも間違いありませんし、たとえ尋ねられたとしても教えないようにしましょう。

危機管理意識が低い人だとどうしても女の子の可愛い声でお願いされてしまったら断れないかもしれませんが、自分の身は自分で守るという意識は常に持っておいてください。

ベッドでキスをするカップル

安心安全に利用するには

見ず知らずの人間と話す時には自己紹介でその後の進め方も変わってくるのですが、名前を名乗る時にも正直に本名を打ち明けてはいけません。

偽名を使うというのも一般的な手になります。援助交際を持ちかけられる時もありますし、ちょっと妙な雰囲気の女性と関わる時に身分を明かしてしまうと、最悪の場合は会社まで押しかけられてしまうかもしれません。

真面目な人間として通っていたのに、あの人ってテレクラで売春してるらしいよ…。なんて噂が立てられてしまったら今後籍を置くにしても気まずい思いをしながら仕事することになるでしょう。

個人の情報がお金で買える時代になってしまっているからこそ、他人と知り合う時にも常に気を張っておかなくてはいけません。怠ってしまっていると何かあった時のダメージも大きくなります。

迂闊なことを言わないようにしていればテレクラは気軽に楽しめるツールだとも言えるので、何をするにしても自分だけは大丈夫!なんて思わずにある程度は気を付けておきましょう。